2017年02月01日

えほんたち

B4DC1580-3FAC-45CD-8C01-C8367F4AE168.jpg
こないだ、えんどうまめさんのおはなし会で紹介いただいた絵本たち。
わにわに3シリーズ。あかわにとなかよくなりたいわにわにが切なくもかわいい。
posted by そうちママ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つぶやき レインボーだ。イルカが空を飛ぶ

近頃の学校教材のセンス。スクラッチグラスというそうです。こんなんあるんやなあ。知らなかった。空に虹でイルカが飛ぶ。幻想的な風景です。ぶっ飛んでます。でもすてき。こういう感覚は、普段は忘れちゃうけど大事だ。
なにはともあれ今日から2月です。13A18D24-16FE-49E7-8DA9-B582850F4A67.jpg

posted by そうちママ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

成人式 おめでとうございます

我が家の息子14歳。ただいまノロウィルスと戦い中。
健康優良児の元気くん。
こういう時は不謹慎だけど、母としては弱っている息子がものすごく愛おしい。
そう、思春期真っ只中なのに、弱っている彼はとってもかわいいのです

そんな彼もあと6年もすれば成人式を迎えるのか・・・と ニュースを見ながらふと思います。
P1000046.jpg
その少し前、東京オリンピックの頃にはもしかしたら親元を離れて一人暮らしとかしていても不思議ではないのかも。

その時に私はどんな親になっているんだろう。
「息子が大学から帰ってきた」
「娘が一人暮らしして、帰省したら随分物言いが成長した」
「また大学に戻るのを見送るのに涙が出た」
そんな子育ての先輩である法人スタッフの声を職場でよく耳にします。

思えば息子が小学校に通い始めたとき・・・
大きなランドセルを背負い、40分かけて歩かなければならない息子が心配で何度か登下校の道をいっしょに歩いて練習をした。
P1000012.jpg
途中で迷子にならないか、帰りに事故にあわないか とても心配だった。

中学生になって、自転車通学になり、部活の荷物をいっぱい持って自転車に乗る息子をまた、どうなったかと心配した。
暗くなっても帰ってこない息子に、心配で学校のグラウンドまでそーっと見に行った。

そんなことを思うにつけ、あと、6年で自分がどうなっているかはわからないけれど、きっと6年後も、成人しても・・・

親にとって息子はいつまでも息子で、その都度心配して、応援していくんだと思うのです。

そして どんなに周りが敵になっても、最後の最後までお母さんは味方だよ…ということは 心の片隅で覚えていてもらえたら、あとは彼が巣立つときにはしっかり背中を押してあげられる親になっていよう。

つれづれ思った私の目標。

人生で2回目、私が親として成人式を迎える6年後までに、私が目指すところですな。


posted by そうちママ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

今年もよろしくお願いします とことこはじめました

15823067_1493588327335839_1775674130098372758_n.jpg
あけましておめでとうございます。
1月4日(水)9時半 とことこは今年も元気いっぱいにオープンしています。
たくさんの親子さんが今日も遊びきてくれていて「あけましておめでとうございましゅ」というかわいらしいご挨拶をしてくれる子もいて
スタッフ一同うれしい気持ちになっています。

ひまわりとともに子育て親子を支えてくださっているみなさんからのご挨拶を今年もたくさんいただきました。
それぞれがしていることは点と点にすぎないかもしれないですが、ネットワークを組むことでできることが広がりますね。頼りになる仲間が県内外にたくさんいること、私たちの大きな力になります。

そして年明け恒例 「かるたデビュー」の小さな子どもたちの葛藤((笑) が今年もはじまっています。
悔しくて泣いている姿すら私たちスタッフにはかわいらしくて かわいらしくて・・・自分の子育ての時はどうしたらいいのか途方に暮れていたのにね。
今は少し自分の子育ても落ち着いて、余裕ができてきた、こんな私たちスタッフにみなさんの子育てを今年もお手伝いさせてくださいね。

子育ては一人でするもんじゃない 困ったときに助けてと言える関係性がどれだけあるかが大切。
それだけで随分と心にゆとりが生まれたり、子育てに「彩」が生まれるものです。
自分だけで頑張りすぎないで・・・
「完璧な子育てじゃなくていい」それが当たり前な世の中になりますように。
15894929_1493588330669172_8922802499665031444_n.jpg
今年もひまわりスタッフ一同心をひとつにがんばります♪

posted by そうちママ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

今年もあと数日

久しぶりすぎて・・・・今年も結局まめに更新できなかったと猛省しています。

世の中は昨日をもって仕事納めという雰囲気ですが 今年のひまわりは明日までとことこを開けています。

これを決めたのが2ヶ月前。その時のテンションでリーダーで決めたのですが・・・((笑)

スタッフのみんなありがとう

私たちの子どもは随分と大きくなり それぞれの家庭の事情もあるけれど それを配慮したとしても 

いつも通りの活動規模でなく、最低限とことこのひろば開所くらいは30日までできる体制が「今は」あります。

開所していると、見えたもの。

それはとってもニーズが高いということです。

年末年始、人が多く、世の中がバタバタしている時期だからこそ こうした場がホッとする という声が多く聞かれています。

とはいえ、私たちにも家庭があり、家族があります。 

ですから 今年は開所していますが、来年もそうするかはわからないです。

今年は私の身の回りではいろいろなことがあり、一億総活躍、女性の社会進出促進うんぬんとその方向が盛り上がっていますが、女性であり、母親であり、妻である私たちは、改めて「働き方」を考えると同時に「生き方」を考えることがなにより大切なのだと としみじみ感じています。むろんそれは男性にだって言えることです。

だから ひまわりの来年がどうなっていくかはわからない。

もちろん、変わらずスタッフみんなで力を合わせて目の前の子育て家庭のニーズを大切に日々活動していきます。

無理をせず、身の丈にあったできること 今の自分たちサイズを持ち寄りながら活動をしていくこと。

そこは変わらないと思います。

世の中が 華やいだり、家族がクローズアップされる年末年始だからこそ・・・

今の日本の地域社会にある、子ども・家族に関する問題や課題は年末年始は見えづらくなりますが、変わらない状況があるであろうことや、今 自分の目の前にある当たり前の幸せが当たり前ではないこと 

そんなことを忘れないようにしたいです。

というわけで・・・今年のとことこは明日まで。

年始は1月4日〜スタートです。

来る年もどうぞよろしくお願いいたします。
15110927_1420134221347917_7167301265281108221_o.jpg

posted by そうちママ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

青春〜 だー♪

息子が中学校に入って2年目の夏。
IMG_5440.JPG
総体が終わった今、先輩が引退し…最上級生という位置づけになりました。

私も中学校時代部活に明け暮れた日々があります。私はバスケ部でした

最上級生になって一番に何をしたか、チームのみんなでスポーツショップに行って、おそろいのTシャツを買いました

それまでは体操服だったけれど、最上級生になればTシャツと好きなジャージを着ることができたんです

そして「マイボール」ができました。先輩のボールの色や素材のことを後輩は覚えていてくれてシュート練習でこぼれたボールを後輩は拾い、間違わずに最上級生にパスを出すというのがしきたりでした。

他にもいろんなことが昨日のことのように思い出されます。

それだけ何十年たっても、部活の思い出は鮮明で、大切な青春の1ページだったなあ

だから、これからの1年。来年の総体が終るまで・・・ 駆け抜けてほしいという思いでいっぱい。

そしてこれからの1年は私もともに汗をかく時間になりそうです。親の当番、送迎、審判と出番がたくさんあるらしく、少々ドキドキしています

ただ、その一方で、この一年が終ったら、高校、大学…とともに汗をかく時間は極端に減ってしまうということは容易に予想がつくわけで・・・

だからこそ、親のヘルプが必要だと言われるこの1年は貴重ではないか。

自分の自由度はぐんと減ってしまうけど、優先順位を変更しながら 私も青春してみます。






posted by そうちママ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ふと、思う

84699757-9789-4290-88A0-3B043714E0C9.jpg
野球日和、日焼け日和(^^;;

中学の部活の練習試合で、小学校のクラブチーム時代の友達に再会し、嬉しそう。

中学生の変化は大波小波どんぶらこ。

誰にでも言えることだけど、近くの関係が時に息苦しかったり、バタバタしすぎていたりする時には、少し離れたともだちがほっとする場合もあるのかも。

縦横ナナメ、いろんな関係が大事。

ありがたいね。

posted by そうちママ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

中学生と赤ちゃんふれあい授業2016いよいよです

思春期・・・・そう、それはうちの息子くん。
ひろばで育って、ひろばをともにつくった14歳。べったりだった彼も当然思春期。
ツンデレ具合に戸惑いながらの子育てです。

でも、それは 当たり前の成長・・・なんですよね。

そんな中学生と乳幼児のふれあい授業、高松市では今年も行っています。
西山さんインタビュー.jpg
こちらは昨年の様子。

今年度は昨年までの中学校と新たにもう一校、担当することになりました。しめて13クラス!すごい!

それも我がとことこエリアの中学校。熱望していましたよー♪本当にうれしい。

気持ちが大人と子どもの狭間で揺れ動く中学生が・・・いい顔するんですよねー。赤ちゃんマジック(^^♪

7月、8月と行うので、目下 中学校との打ち合わせ&協力してくださる親子さんとの打ち合わせ真っ只中。

継続しているからこそ「あれですよね。やりたいです。ぜひ」と協力してくださる親子さんが増えている。

そして忙しい中、情熱的に打ちあわせをしてくださる先生方…

ひとつのことを「自分事」ととらえて関わってくれる人がこんなにいるからこそ、必ずやそれぞれの心に「残る」ものになるはずです。

今日も暑い中、2校の先生方と打ち合わせ。警報で休校になったからね(笑)

うん、いいものになる

で、思うコト。

うちの子の中学校でもしてほしいよなぁ・・・・市外だけど。しみじみー 親として思うのでした!
posted by そうちママ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

昭和はいいことです

テスト期間いよいよ佳境。
あと少しで終わる。そして部活がはじまる。 がんばれ、息子!

そんな中、バタバタしていてもほっとするのは 夕方バタバタと帰ってくる家族がそれぞれ
「ただいま帰りました!」という

これは、実は我が家の「とと姉ちゃん」現象というものですが・・・

これがとっても癒されます。

昭和っていいな♪いや、昭和だからってことはないと思うけど・・・「日本語」っていいなというべきか。


IMG_4914.JPG
写真は元スタッフだみちゃんのお店「アルゴノート」にて出会った愛おしい多肉寄せ植え〜。

posted by そうちママ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

テスト期間中のストレスは・・・

こないだ中間が終ったかと思ったら 今度は期末。

ほんと、忙しい。中学生

ということでテスト期間中=部活なし。
ストレスたまる思春期男子。部活大好きー先輩大好きーですもん。
IMG_4259.JPG
部活がないと彼の中学校生活はブラックなものとなっていることでしょう(笑)

土日の部活なくすなくさない・・・論議ありますが。
そうそう、このデータ。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/15302/result?fb_comment_id=813123478767956_883460321734271#f16fcea89b52e5f8  (yahooニュース)

本当に先生方には感謝しかないです。土日は試合が多いし、練習はほぼ休みないし、どこで自分の持ち帰り仕事やっているんでしょう。
みなさんのご意見はなんらかの改善が必要とのこと。ほんと、先生疲弊していますよね。ほかに対応することが多すぎる。

現状を考えたら試合をしなければならない部活に関しては土日しか時間がとれないので「なし」ということは考えづらい。つまりこの議論は小田原評定になる。

とはいえ、地域のクラブチームで部活的な活動をするとか、部活専任の先生を増やすとか・・・まぁまぁ現実的ではないにしろ、いろいろな方法もあることはある。

ま、最低できるとは私たち親として、部活の先生、はじめ先生方に感謝の気持ちを持つこと。

そして自分がまずは親であるということに責任を持つこと。

そして、自分にできる協力はするということでしょうね。

それはすなわち、昨日の「子どもの貧困を考えるセミナー」で心に残った言葉につながる。

「地域が子どもを育てるのではない。地域が子どもを育てる親を支援する。子を育てるのは親である。」という考えにつながるのではないかなぁ。





posted by そうちママ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする